ワードプレス

ワードプレスプラグイン一覧!無料で初心者が必要なものとダウンロード方法も

この記事では、ワードプレスでブログを作成する際に必要なプラグイン一覧をお伝えします。

この記事で紹介するプラグインは全て無料でダウンロードできるものであり、初心者がストレスなくブログ作成するのに必要なものばかり。

  • ワードプレスに入れるべきプラグインはどれ?一覧で教えて!
  • プラグインをダウンロードする方法はどうすればいい?

に関して詳しく解説していきます!

 

>>今の給与に月収10万円を上乗せしよう!

↑【無料】初心者でも迷わないブログの教科書付き↑

 

ワードプレスに入れるべきプラグイン一覧!

そもそも「プラグイン」とは、スマホで言えば「アプリ」みたいなものです。

スマホにアプリを入れることで、あなた好みのスマホにカスタマイズできますよね。

しかもアプリには無料のアプリもあれば、有料のアプリもある。

プラグインもそれと同じです。

ワードプレスでブログを作成する時に、あなた好みにカスタマイズするのに必要なアプリを「プラグイン」と呼んでいます。

プラグインには、無料のプラグインもあれば、有料のプラグインもある。

今回の記事では、初心者が入れるべき無料のプラグインを紹介します!

 

紹介するプラグインはこの6つ。

(実際に、このブログでインストールして有効化しているプラグインです。)

  1. Classic Editor
  2. Google XML Sitemaps
  3. Search Regex
  4. TinyMCE Advanced
  5. Table of Contents Plus
  6. WebSub/PubSubHubbub

ちなみに、私が使っているワードプレスのテンプレートはJIN。

一般的に必要だと言われているプラグインの「All in one SEO pack」に関しては、JINでは不要なので割愛します。

それでは、各プラグインに関して簡単に説明していきましょう!

 

初心者が入れるべきプラグイン1:Classic Editor

まずはなんと言っても必要なプラグインがClassic Editor。

これは、ワードプレスでの記事作成画面を旧バージョンにするものです。

なぜ旧バージョンに戻すかというと、ワードプレスのバージョンが5以上に更新されてからというもの、記事作成画面が大きく変わったからです。

新しい記事作成画面(エディタ)はGutenbergといい、従来からワードプレスを使ってきた人たちにとっては、かなり使いづらいエディタに。

そのため、エディタを旧バージョンに変更するためにこのClassic Editorのプラグインが必要なのです。

 

初心者が入れるべきプラグイン2:Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsは、あなたのブログのsitemap.xmlを自動で作成し、Googleに送信してくれるプラグインです。

あなたのブログがGoogleに認識してもらうためには、sitemap.xmlを作成して送信する必要がありますが、記事作成するごとにそんなことをしていては大変です。

そのため、sitemap.xmlを作成して送信するという面倒なことを、定期的に自動でGoogleに対して行ってくれる、大変ありがたいプラグインなのです。

 

初心者が入れるべきプラグイン3:Search Regex

次に紹介するのはSearch Regexです。

このプラグインは、ある文字を全て一括で置換したい場合に使います。

例えばワードなんかで書いた普通の文章なら、一括置換は簡単ですよね。

しかし、ブログは「全記事を一括で置換したい」となると、1記事ごとに対応する必要があって面倒。

そんな面倒を解決してくれるのが、Search Regexです。

 

初心者が入れるべきプラグイン4:TinyMCE Advanced

次に紹介するのは、TinyMCE Advancedというプラグイン。

このプラグインを導入することによって、ワードプレスのエディタを快適にしてくれます。

このプラグインを入れる前には、エディタで文字装飾をするためのボタンがこれしかありません。

しかし、TinyMCE Advancedのプラグインを導入することによって、文字装飾をするボタンがかなり追加されます!

正直、TinyMCE Advancedのプラグインを導入する前のボタンだけでは文字装飾には限界がありますからね。。

 

初心者が入れるべきプラグイン5:Table of Contents Plus

次に紹介するプラグインがTable of Contents Plus。

このプラグインの役割は、あなたの記事に「目次」を作ってくれるプラグインです。

ワードプレスのテーマ次第では、デフォルトで目次を作ってくれる機能が入っているかもしれませんが、私が使っているJINでは目次を作る機能がないため、プラグインで目次を作成しています。

 

初心者が入れるべきプラグイン6:WebSub/PubSubHubbub

次に紹介するプラグインはWebSub/PubSubHubbubです。

このプラグインは、あなたの記事をいち早くGoogleに登録してもらうためのプラグインです。

あなたが記事を作成して「公開する」を押しても、その瞬間から世界中の人があなたの記事を見れるわけではありません。

「公開する」を押してから、Googleがあなたの記事を認識して検索結果に表示させるまでに「タイムラグ」があるのです。

そのタイムラグを極力起こさないようにするプラグインがこれ。

トレンド記事なんかは、1分1秒の遅れが収益の差につながるので、このプラグインを入れるといいでしょう!

 

ワードプレスにプラグインをインストールする方法

では最後に、ワードプレスにプラグインをインストールする方法をお伝えします。

特に難しいことはないです。

 

まずは、ダッシュボードから「プラグイン」の「新規追加」をクリックします。

そうすると、こんな画面になりますね。

今回は、左上にある「Contact Form 7」をインストールしてみましょう。

まずは、「今すぐインストール」をクリックします。

で、10秒ほどするとインストールが完了して以下のような画面になります。

ここで「有効化」をクリックしましょう。

そして自分のプラグイン一覧を確認すると、無事に「Contact Form 7」がインストールされて有効化されているのがわかります。

>>今の給与に月収10万円を上乗せする方法!

↑【無料】初心者でも安心のブログの教科書付き↑

ワードプレスプラグイン一覧!に関するまとめ

いかがでしたか?

この記事では、ワードプレスでブログを作成する際に必要なプラグイン一覧をお伝えしました。

  • ワードプレスに入れるべきプラグインはどれ?一覧で教えて!
  • プラグインをダウンロードする方法はどうすればいい?

に関して理解していただけたら嬉しいです!

>>特化型ブログ実践例1ヶ月目のアクセスや報酬は?

>>特化型ブログ実践記2ヶ月目の結果!

>>特化型ブログ実践記3ヶ月目の結果!