ブログ

ブログタイトルのつけ方は?文字数の長さは何文字でキーワードはどう入れる

この記事では「ブログタイトルのつけ方は?文字数の長さは何文字でキーワードはどう入れる?」ということで解説していきます!

  • ブログタイトルってそもそもどんな働きをしているの?
  • 効果的なブログタイトルのつけ方は?
  • ブログタイトルの文字数の長さは何文字程度がいいのか?
  • ブログのタイトルのつけ方を例で詳しく教えて!

といった内容をお伝えしていきます。

 

ブログタイトルとはそもそもどんな働きをしている?キーワードを意識するってどういうこと?

ブログで一番重要といっても過言ではない「タイトル」。

ここではブログタイトルについて大まかな概要をお伝えします。

 

ブログタイトルとはどんな働きをしている?

ブログタイトルとは、ブログ記事の中で一番上に表示されるこの部分。

この記事では「ブログタイトルのつけ方は?文字数の長さは何文字でキーワードはどう入れる」というのがタイトルですね。

じゃあブログタイトルはどんな働きをしているのか。

2つの働きをしています。

あなたのブログのお客さんは2人います

「読者」と「Google」ですね。

 

あなたがブログでお金を稼ぎたいという気持ちがあるのであれば、そのお金を払ってくれるのが読者です。

じゃあ読者に届けるためには、Googleに検索結果で上位表示させてもらう必要がある。

ということは、「狙ったキーワードでGoogleに評価されるブログを書き、なおかつ読者にクリックされて満足してもらえるブログ記事にする」というのが、ブログであなたがやるべきお仕事なんです。

 

そして「狙ったキーワードでGoogleに評価されるブログを書き、なおかつ読者にクリックされて満足してもらえるブログ記事にする」というお仕事の中で

  • 狙ったキーワードでGoogleに評価される
  • 読者にクリックされる

この二つに影響があるのがブログタイトルなのです。

かなり重要そうですよね?

なので、そんな重要なブログタイトルの適切な付け方を学んでいきましょう!

>>ロングテールキーワードとは?

 

適切なブログタイトルのつけ方の例:文字数の長さは何文字で他に気をつけるところは?

では具体的にブログタイトルのつけ方をお伝えしていきます!

ブログタイトルの付け方で守るべきことは以下の4つ。

この4つを意識してタイトルをつければOKです。

では、この記事のタイトルである「ブログタイトルのつけ方は?文字数の長さは何文字でキーワードはどう入れる」を例にして解説しましょう。

 

ブログタイトルのつけ方の例1:狙っているキーワードを順番を崩さずにできるだけ左に置く

まずこのブログ記事が上位表示を狙っているキーワードは「ブログ タイトル つけ方」です。

つまり、この「ブログ タイトル つけ方」を順番を崩さずにできるだけ左に置くことを意識します。

すると簡潔に「ブログタイトルのつけ方」という言い方ができますよね。

なので、まずは「ブログタイトルのつけ方」まで出来上がりました。

ブログタイトルのつけ方の例2:タイトルの後半には関連するキーワードを入れていく

タイトルの前半までできました。

次に、タイトルの後半はどうするでしょうか。

ブログタイトルの後半には、狙っているキーワードに関連するキーワードを入れていくのが正解です。

このブログ記事で狙っているキーワードは「ブログ タイトル つけ方」です。

じゃあこれに関連するキーワードは何か?を探していきます。

関連するキーワードに関して重要なのは、すでに検索されているキーワードから選ぶ、ということ。

決してあなたがキーワードを作ることはないようにしましょう。

 

じゃあ、すでに検索されているキーワードってどこから見つけるの?と思いますよね。

この時に必要なのが、「関連キーワード取得ツール」というツール。

無料で使えるツールです。

>>関連キーワード取得ツールはこちら。

ここに例えば「ブログ タイトル」と入れてみます。

すると、関連キーワードが183個もあることが分かります。

 

ここから「ブログ タイトル つけ方」に関連しそうなキーワードを見つけるのです。

そして私は、この関連キーワードから以下のものをピックアップしました。

  • ブログ タイトル 文字数
  • ブログ タイトル キーワード
  • ブログ タイトル 長さ
  • ブログ タイトル 何文字
  • ブログ タイトル 例

で、これらを後半に入れるのです。

 

ブログタイトルのつけ方の例3:多少不自然でもいいが日本語が破綻しないタイトルにする

関連するキーワードを選んだら、日本語が破綻しないタイトルにしていきます。

私は「文字数の長さは何文字でキーワードはどう入れる」としました。

これは日本語として多少不自然です。

「文字数は何文字で」が正解ですが、あえてキーワードを意識して「文字数の長さは何文字で」としています。

これはこれでOKです。

日本語として破綻しなければ、多少の不自然さは許容します。

 

ブログタイトルのつけ方4の例:ブログタイトルの長さは32文字前後を意識する

そしてブログタイトルは32文字前後を意識します。

短過ぎても長過ぎてもダメです。

短すぎると、読者に対してどんな記事なのかを伝えられないですし、長すぎると、Googleがどのキーワードでこの記事を狙っているか判断ができないです。

そのため、いろんな意見がありますが結局は32文字前後がいいかなというところですね。

「ブログタイトルのつけ方は?文字数の長さは何文字でキーワードはどう入れる」というタイトルは35文字ですので、許容範囲かなという感じです。

 

ブログタイトルのつけ方は?まとめ

いかがでしたか?

この記事では「ブログタイトルのつけ方は?文字数の長さは何文字でキーワードはどう入れる?」ということで解説しました!

  • ブログタイトルってそもそもどんな働きをしているの?
  • 効果的なブログタイトルのつけ方は?
  • ブログタイトルの文字数の長さは何文字程度がいいのか?
  • ブログのタイトルのつけ方を例で詳しく教えて!

といったことが理解できたなら幸いです!